投稿日:

再婚後に生まれた息子の成長と夫の本音

こんにちは!しょうこです。

 

私は、シングルマザーから再婚しています。
そして、再婚してから息子が生まれています。

 

 

 

2歳の息子がどんどん活発に、ヤンチャになってきてます。
とにかく、足腰が強くて、”かかと落とし”をしまくってくる。

 

とくに、ターゲットになってるのは、夫。

 

寝ようとしてるベッドの上で毎晩”かかと落とし”がはじまるんだから
タマラナイ><

私は、痛がってる夫を見て笑いが止まらん。

 

息子も私が笑ってるから得意げにうれしそうにドヤ顔でやってます。

 

と、そんな話はどうでも良いんですが・・・。

 

そんな”かかと落とし”の儀式が終わった後に、
夫がしみじみと言いました。

 

長女と次女の事、

「もっと赤ちゃんの頃から見ていたかった。」
て言いました。

 

「はじめから育てたかった」

いま、私たちの間に生まれた息子がいます。

初めて離乳食を食べたり、
初めて座ったり、
初めて立てたり、
最近お喋りをし始めた姿を見足りしていると、

 

長女と次女の『初めて』 を見ていないことに
なんともいえないさみしさを感じるんだと・・

 

自分が見れていない子供たちの時間があったことが切なくなった、
って。

 

私から見ていても、
夫は3人の子供たちに分け隔てなく
愛情を注いでくれているな~、て感じています。

 

改めて、
私が想像していた以上に、

ものすごい覚悟と愛情を持って、
私たちと結婚してくれたんだ、と感じました。

 

長女と次女と私。

シングルマザーの頃は想像すらしていなかったいまの生活。
夫の深い想いに感謝した夜でした。

投稿日:

孤独死からの生還!引き寄せの法則ってどうなの?

こんにちは!しょうこです。

 

先日、夫のいとこが子供を連れて遊びに来ました。
私たちの家に来るのは初めてです。

色々おしゃべりしてるうちに、
夫に
「結婚できてほんま良かったな〜〜〜」
「男の一人暮らしで年とっていくの、
おばちゃん(夫の母)心配してたもーん」
と。
夫は、私と同様、バツイチです。
私と違うのは、子供が居ない事。

離婚した時期も偶然一緒。
1ヶ月違いでした。
バツイチになって、
お料理も全然できない息子の一人暮らし。
心配されていたようです。

孤独死…も心配されてたみたいです。笑

いつまでも若くないですから。
いとこが
「おばちゃん(←夫の母)、孫も増えたし女の子やし、
それもめっちゃ喜んでるー」
て。
すんごく嬉しかった︎。

娘たちの存在も歓迎してくれてる、
とは分かっていたけど、
こうして人を介して聞くとさらに嬉しくなるものですね。
いとこ達が帰って、
夫も
「あんな風に言われると嬉しいなぁ」
て言ってました。
「確かに一人の時は自由やし気楽に暮らしてたけど、
仕事しんどい時とか
『何のために働いてるんやろ』て思うようになってきてた」

と。



一生懸命にがんばって働いても、
誰かのためにお金を使う訳でもないし、
生きがいとか別になくて、
物欲も若い頃ほどなくて、
何のために生きてるんか分からん。
自分の為だけに生きてても、何も楽しくない。

て感じだったと。
離婚してから何人か彼女は居たけど、
結婚までは考えられなくて、
そこまで好きになれんくて、

年とったからかなぁ?
て思いながら、
相手が結婚を望んでそうだったら、
気持ちに応えられないから別れる…
というパターンだったと。



ほんま、人生何があるか分からんもんやな、
て2人で話しました。
あらためて過去を振り返って思い返すのも、
いいものだな。

不思議な感覚になってきます。

夫に出会う前、
シングルマザーで娘2人と3人で暮らしてた頃の事をリアルに思い出すと、
今家族が増えて親戚が増えてる事も不思議だし。
夫に出会ってなければ、
息子は存在しなかったんだし。

不思議…。

いとこが
「こうなる事になってたんやわ」
て言ってたけど、
こういう縁でつながってたのかな?なんて。
ほんと、人生何があるか分からないです!

引き寄せの法則、とかありますけど、
そこばかりに焦点を当てていても、何も変わらない。

行動してこそ、引き寄せの恩恵があると思うし、
頭のなかだけ変化させても意味ないです。

全ては、行動あるのみ!!です。
では!

投稿日:

再婚した日の地味で泣ける結婚儀式

こんにちは!しょうこです。

 

3月3日は、私たち夫婦の再婚記念日でもあります。

 

私はシングルマザーでしたので、長女と次女が居たから、
夫にとって、私たち3人と結婚するんだ、ていう気持ちから、

 

指輪の内側に、私と長女と次女、
3人のイニシャルを入れてくれています。

「女の子の日である3月3日に入籍しよう!!」

と夫からの提案でした。

 

子供達も一緒に、みんなで市役所へ行って
婚姻届と養子縁組の用紙を提出しました。

 

平日だったので、夫の仕事が終わってから。

 

受け取ってくれたおじさんは、
「おめでとう!」と夫に向かって力強く言ってました。

ガンバレよ!

という応援エールだったんでしょうね。

 

娘2人いる人と結婚、とバレバレですからね~~。

 

入籍した後、お互いの実家に電話をしました。

 

夫の母は、
「もう娘やと思ってるし、孫やと思ってるから。
これから何でも、相談しておいで。」

と言ってくれました。

有難くて嬉しくて泣けます。

 

 

そして、帰宅し、
用意しておいた結婚指輪をお互いの指にはめ合って、
ケーキを食べる、という地味すぎる結婚儀式をしました。

 

再婚同士の私たちは、1度それぞれ結婚式をしているし、
再婚の為のパーティーなんかはしていません。

 

その分、新婚家族旅行&新居にお金を使う事にしました。

 

 

入籍して帰宅した日、

夫が私に指輪をつけている所を、娘が写真にとってくれました。

 

で、夫には、娘が指輪をつけました。

娘2人いるので、2回。笑

 

子供達は、いつもよりもテンション上がってて、
かなりはしゃいでました。

 

「おめでとーーーーーー」
と何度も言ってくれました。

 

娘たちが再婚を喜んでくれていることが本当に嬉しかったです。

 

その頃の夫と、今の夫を比べると…




ありがたい事に、どこも変わらない。

 

 

本人曰く、
変化したことといえば、
「バシッと叱れるようになったかな?」

とは思うらしいです。

 

はじめは、
嫌われたくない、という思いがあって、
少しは遠慮があったみたいです。

 

 

子供達もしっかり甘え、頼り、反抗したりして、
いい親子になっていってるように思います。

 

長女、次女、夫へ、
感謝の気持ちを改めて感じる日になりました。