投稿日:

入籍報告♡

先日、クライアントさんから

 

「無事入籍しました♡

なんか、まだ実感がわかなくて・・

嘘みたいです~~~~~♡♡」

 

 

との報告が( *´艸`)

 

 

 

 

いやー、嬉しい!!!!!

私まで、幸せいっぱいな気持ちになりました。

 

付き合って1年未満での入籍。

今月中には彼の元へとお引越し。

 

ほんわかカップルで、少し時間がかかるんじゃ・・・

と思った時期もあったけど、
あれよあれよ、と婚約から結婚まで進みました。

 

思い悩んで泣いていたのがウソみたいに、
彼から熱烈なプロポーズをされて。

 

 

関西から遠くお引越ししちゃうので寂しさを感じますが、
新しいステージの幸せを応援し続けたいと思います。

 

 

お付き合い期間の長さと「結婚」て、
あまり関係ないな、

 

ってつくづく感じます。

 

 

長く付き合ってても、超絶仲良しでも、

結婚しないカップルは居ますし。

 

 

こうなると、婚活中の女性にとっては、

何をどう頑張ったらいいのーーーー><

と発狂しそうになると思うんですが。

 

 

結婚を意識しているなら、

少なくとも、

 

女性らしさ

性の対象であるか

居心地の良さ

 

この3つは外せません。

 

とくに、性の対象でいなければ、
男性の本能が刺激されないので、

「結婚」という大きな壁を超えるのが難しくなります。

 

 

お付き合い期間が長くて、

両家(もしくはどっちかの)の両親から
「早く結婚しなさい」と急かされる、

みたいな状況がない限り

 

長すぎた春・・・・

 

となりかねないです。

 

 

オスの本能を刺激できているか、という視点は大切です。

 

そのためにも、

女性らしさを大切にしたいですね。

 

 

とあるカップルで、

男性は高身長でイケメン!

彼女は、体重80キロオーバー!

 

というカップルがいます。

 

 

世間的には、

「どうしてその女性を選んだ!?!?」

 

と思われるかもしれないんですが、

 

その彼女、

めちゃくちゃ魅力的なんですよ♡

 

まず、底抜けに明るい!!!!!

まさに、太陽!

 

大らかで、
いっつもニコニコしてて、
話題が豊富で、

 

涙もろくて、
表情がクルクル変わって、

 

とにかく一緒にいて楽しい♡

 

サービス精神旺盛で、
いつも気配り・心配りをしてくれていて。

 

それを微塵も感じさせないさりげなさ。

 

本当に素敵な女性なんです。

 

だから彼女の周りにいる人は
みんな幸せそうにリラックスしてる。

 

自然と人が集まってるんでしょうね。

 

イケメンの彼はそんな彼女にメロメロです。

 

 

隣にいてホっとする女性。

居心地の良さ。

 

それはかけがえのないものですよね。

 

 

あらためて、

恋人でいることと、夫婦になることって、
まったく別次元の視点が必要だなー、と感じます。

投稿日:

再婚した日の地味で泣ける結婚儀式

こんにちは!しょうこです。

 

3月3日は、私たち夫婦の再婚記念日でもあります。

 

私はシングルマザーでしたので、長女と次女が居たから、
夫にとって、私たち3人と結婚するんだ、ていう気持ちから、

 

指輪の内側に、私と長女と次女、
3人のイニシャルを入れてくれています。

「女の子の日である3月3日に入籍しよう!!」

と夫からの提案でした。

 

子供達も一緒に、みんなで市役所へ行って
婚姻届と養子縁組の用紙を提出しました。

 

平日だったので、夫の仕事が終わってから。

 

受け取ってくれたおじさんは、
「おめでとう!」と夫に向かって力強く言ってました。

ガンバレよ!

という応援エールだったんでしょうね。

 

娘2人いる人と結婚、とバレバレですからね~~。

 

入籍した後、お互いの実家に電話をしました。

 

夫の母は、
「もう娘やと思ってるし、孫やと思ってるから。
これから何でも、相談しておいで。」

と言ってくれました。

有難くて嬉しくて泣けます。

 

 

そして、帰宅し、
用意しておいた結婚指輪をお互いの指にはめ合って、
ケーキを食べる、という地味すぎる結婚儀式をしました。

 

再婚同士の私たちは、1度それぞれ結婚式をしているし、
再婚の為のパーティーなんかはしていません。

 

その分、新婚家族旅行&新居にお金を使う事にしました。

 

 

入籍して帰宅した日、

夫が私に指輪をつけている所を、娘が写真にとってくれました。

 

で、夫には、娘が指輪をつけました。

娘2人いるので、2回。笑

 

子供達は、いつもよりもテンション上がってて、
かなりはしゃいでました。

 

「おめでとーーーーーー」
と何度も言ってくれました。

 

娘たちが再婚を喜んでくれていることが本当に嬉しかったです。

 

その頃の夫と、今の夫を比べると…




ありがたい事に、どこも変わらない。

 

 

本人曰く、
変化したことといえば、
「バシッと叱れるようになったかな?」

とは思うらしいです。

 

はじめは、
嫌われたくない、という思いがあって、
少しは遠慮があったみたいです。

 

 

子供達もしっかり甘え、頼り、反抗したりして、
いい親子になっていってるように思います。

 

長女、次女、夫へ、
感謝の気持ちを改めて感じる日になりました。