叱り方3つのコツ

こども

私には、3人の子供が居ます。

 

 

長女と次女は小学生。

末の長男は、3歳。

 

 

子供たち3人の年齢も違えば、

性格も当然違います。

当たり前なんですが。笑

 

 

注意したいことがあり、同じ言葉で伝えても、

同じ反応は帰ってきません。

 

 

「これ、何回言ってるんだろう・・・」

と、

ドッと疲れるときもあります。

 

 

 

とはいえ、

”しつけ”を放棄するわけにはいきません。

 

良い事、悪い事、をしっかりと伝えることは

親として、重要な役目。

 

 

日々葛藤しながら試行錯誤しています。

 

 

親と子供が穏やかで居られて、

1番安心できるリラックス出来る場所。

それが我が家。

 

というのが私の理想です♡

 

 

夫が帰宅した時に、

 

怒ってばかりの母親と、

反抗的な子供たち、
もしくは、
怒られすぎて萎縮している子供の姿。

 

 

こんな状態の家の中では、
疲れた体を癒せません。

 

 

だから、母として、妻として、

 

子供たちに対して、どんな方法で伝えるのが良いのか、、

と情報収集していた時に、

共感できるものがあったので、ご紹介します

 

 

★効果的な叱り方★

 

①厳しくしかるよりもやんわりと

②叱るタイミングは、問題が起きた直後

③叱る理由を論理的に

 

興奮せず、落ち着いて、

「なぜ叱られているのか」を理解させること

を目的とするのが大切なようです。

 

 

落ち着いた声でゆっくりと話す方が、
子供はしっかりと話を聞いて反省でき、

 

しょっちゅう叱り過ぎていると、
子供が「叱られること」に慣れてしまう、

という事だそうです。

 

あと、子供が納得していないのに、
理由も伝えずに強制的に抑制すると、

 

子供の素直なまっすぐな伸び伸びした心を
失わせてしまう事になる。

 

という恐ろしい事にもつながるそうです。

 

 

あ~~~、感情的になることもあるし、

定期的に同じようなことばっかり注意してるし、反省です。

 

 

 

 

、、というわけで、実践しているんですが。

 

 

 

こちらも、大人とはいえ「人間」。
親だって「人間」。

 

感情的になってしまったり、
注意したくてたまらなくなってウズウズしたりするんです。

もちろんイライラもします。

 

まー、これも、人生の困難の一部。

と思い、

ひとまず手を焼いている、

思春期に突入していく長女と向き合いたいと思います!

 

 

私が葛藤しながらも、

上の3点を意識して過ごすようにしていたら、

長女が穏やかな表情に変化していました。

 

 

これは、親子関係でなくても、
カップル間や家族、仕事の上下関係、

 

あらゆるシーンでも使える心理学的な視点だな、
と思うので、

ぜひ、参考にしてみてください♪

コメント