日本マクドルド誕生神話

レビュー

マクドナルドお好きですか??

私は大好きなんです。

 

ビッグマックLセットでも軽くペロリです。

はい。わたし大食いです。

アップルパイもデザートに食べたいです。
ふっゆなら三角チョコパイがいいかな♡

 

子供達も大好きです。

 

長女はハッピーセットだと足りなくなってきて、

欲しいおもちゃの時はMサイズのセットにするか
ハッピーセットにするか

葛藤しまくってます。

マクドナルド誕生

この有名なマクドナルドは、

パンを食べる習慣のなかった日本人に
パンを食べることを【当たり前】レベルで定着させましたね。

 

現在日本にマクドナルドがあるのは、ある人のお蔭なんですよ。

その人とは一体何者⁉

というおはなしです。

 

 

ズバリ!藤田田(ふじた でん)さんをご存知でしょうか。

 

あの老若男女知らない人はいないであろう
日本マクドナルドの創業者です。

 

でも名前を知っている人はあんまり居ないのではないでしょうか。

 

この方は、商業の天才でとても凄い業績を残した人なのです。

そこで藤田田さんがどれくらい凄い人物なのか
ワクワクしながら調べてみました!!!

1. 藤田田さんの生い立ち

1926年に大阪に生まれます。
1944年には、東京大学(法学部)に入学します。

在学中にしていた通訳のアルバイトでユダヤ人との出会いが、
彼の運命を大きく変えました。

彼はユダヤの人物に感動して、商売を始めるきっかけになりました。

後に出版された”ユダヤの商法”という本は、
このユダヤ人からの影響が大きくて執筆されたのかもしれませんね。

 

1971年に日本マクドナルドを設立し、社長に就任しました。
日本マクドナルドを設立しただけでは彼の勢いは止まりません。

 

1989年には日本トイザらス株式会社を設立し、
翌年副会長に就任しました。

家族的な娯楽を考える彼の商売は、私たちの心に響いたのかもしれません。
2004年に、79歳でこの世を去りました。

2. ユダヤ人の商売がマクドナルドにどう関係があるの?

ユダヤ人は、商売に対する戦略に長けています。

 

なぜかというと、
ユダヤ人は迫害を受けていて様々な土地に移り住み、

生き残るには商売でやって行くしかないと
商売一筋で生きてきたからです。

 

彼らは色々な土地に移り住んだおかげで、
多国語を学ぶことができ、その土地の地理にも詳しくなりました。

 

商売というのは数字を見てしっかり理解できていないと
上手くやっていけません。

 

そんな彼らの商売は”78:22の法則”から来ていると考えられます。

 

この法則はユダヤの法則と言い、
世の中の多くの出来事がこの比率になっているということらしいです。

 

なんだか信じられませんよね。

 

 

例えば、
空気中の酸素は78%含まれていて窒素などの他の成分は22%の比率
で含まれています。

 

極端な話ですが、
世界の78%の資産を22%はお金持ちが持っている
と言われています。

 

この法則を利用して、藤田田さんはマクドナルドの成功を収めたとされます。

3. 実際の成功はどうやって収めたの?

藤田田さんは520円のハンバーガーセットを低価格の390円で売り出しました。

 

セットのネーミングと39(サンキュー)で語呂合わせなんだとか。

 

当時、500円硬貨のワンコインで390円のサンキューセットを手軽に買えることから
爆発的に商売が売れるようになりました。

 

 

お釣りが110円で、

390:110の比率は”78:22”のユダヤの法則

に基づいているんです!!

 

出来すぎた話だと思うかもしれませんが、
実際にたくさん売れ出していますし、

 

ユダヤの法則はサンキューセットの成功の鍵と言ってもいいでしょう。

4. 藤田田さんの凄さのまとめ

・ 学生時代のアルバイトで出会ったユダヤ人のおかげで、
日本マクドナルドが設立されたといっても良い。

・ 藤田田さんはユダヤ人の”78:22の法則”を利用して、
サンキューセットを企画、販売。

・ ワンコインで買える手軽さが、当時の人々に大ヒットした。

 

藤田田さんが亡くなる前は、
マクドナルドの経営が赤字で業績もそんなに良くなかったそうです。

 

しかし、

マクドナルド設立から長い期間、
マクドナルドの経営を波に乗せたのは凄いことですよね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう失恋したくないと考える女性、
結婚を真剣に考えているアラサー世代の女性へ、

恋と結婚の悩みを解決するメール通信を配信しています。

 

レビュー
syokoをフォローする
love&free

コメント