女が幸せになる男の持続時間のお話

jyonetsu 心理
この記事は約3分で読めます。

女なら、気になるのが
持続時間・・・

 

そう。

 

愛を感じながら、心地よく気持ちよく
しあわせな時間が少しでも長く長~~く・・

っっと、下系ではございません!!

 

好きな人と両想いになってからのラブラブ期間
を少しでも長~~~~く満喫したい

ということです。

 

 

結婚してからもずっと愛されて、
思いやりを持ち続けていられる関係を保ちたいですよね。

 

ですが現実は、

「釣った魚にエサをやらない」
状態が蔓延している。

 

残念ですが、
ほとんどの男性は当てはまります・・。

 

例外があるなら、
・よほどモテない男性か、
・絶世の美女なのか。

 

そうでないなら、
・彼女を得るために、とても苦労した
・なかなか落ちなかった
・追って追って粘りに粘ってやっっと付き合えた!

 

こんな体験が、
彼の情熱を維持してくれます!

 

 

簡単に手に入ったらダーメぜったい!!

情熱の持続時間は、その女性が最初に示した抵抗の大きさに比例する

 

聞いた事ないですか??

 

間違えちゃいけないのが、抵抗、というのは、拒否ではない、
ということ。

 

抽象的だけど、
[簡単に手に入らなかった]ということを意味しています。

頑張らないと手に入らないもの、
なかなか手に入れられない物には、

人は価値を感じますよね。

 

いつも手に届くところにあるものには人は価値を感じなくなる、
ということです。

 

だから
『釣った魚に餌をやらない』という事が起こるんですね。

 

コンビニのハンバーグよりも、
近くの高級レストランのハンバーグの方がしっかり味わって堪能し、その時間を大切にしますよね。

 

三ツ星シェフが作る、予約数年待ちのハンバーグだと、
はじめから食べようと思わない。

 

食べれるものなら食べたいけど、実際に予約を入れるまでに至らない。

 

 

少し頑張れば手が届きそうな距離。
というのが1番燃えるんです。

頑張れるんです。

 

 

激安大サービスのお手軽女子にはならないでくださいね!

 

 

 

そうはいっても、今の彼、夫とは、今さら過去には戻れない。。

そんな風に嘆かなくても大丈夫です!

 

すでにカップルでも、夫婦でも、
ここから関係性を変えることはできますよ!

 

 

始まりは大切ですが、それが全てではないです^ ^

 

今からでもあなたが思い描くカップル像に近づく事ができますよ♪

 

また記事にしていきますね^^

Follow me!

コメント