アラサー恋愛で悩む連絡頻度のお話

恋愛

カップルにおける、
メールや電話での連絡頻度のお話です。

 

30代になってくると、
恋愛対象の男性もバリバリ働いていて、

比較的忙しいことが多いです。

 

だからこそ、比重を恋愛にガッツリかけられなくなります。

 

 

となると、起きるのが、

既読スルー、
未読無視、

 

恋する女性が悩む部分です。><

 

 

 

彼からの連絡頻度について
悩みまくって苦しい時は、

 

<おとこは連絡不精なもの>

だと知っていると気がラクですね。

 

 

 

仕事や何かに忙しい毎日を過ごしていると、
1週間とかアッという間に過ぎてしまうものなんです。

 

 

 

女性は、連絡を待っている間に、

 

(嫌われちゃったかな・・)
(遊びだったのかな・・)
(ほかに好きな子できたかな・・)
(フラれるのかな・・)
(返信ぐらい出来るでしょ)
(なんで私ばっかり苦しいの)

 

裏切られた気分になったり、
イライラしてきたり。

悲しみ、怒り、みじめさ、恐怖、不安、、、

とネガティブな気持ちにドップリ溺れてしまいます。

 

 

 

 

女性の想いなんか、ま~~ったく知らない男性は、
忙しさが落ち着いたころに連絡します。

 

すると、
不機嫌そうに、ヨソヨソしく・・・

「何か用ですか?(今さら)」

みたいな事を言われるわけです。

 

 

男性からしたら、

そりゃあもう
ビックリ!!!!!しちゃうんですよ。

 

 

男性って、
親しくても頻繁に連絡取り合わないし、

信頼しているからこそ、数日連絡取らないでいられるのです。

 

気を許しているからこそ、気を遣いたくないんです。

 

 

お付き合いが始まったばかりだと、
信頼関係はまだ築けていないし、

 

 

手に入れようとする努力(=相手に気を遣うことも含む)
をするので、マメになれます。

 

 

女性は

好きだから、特別な人だからこそ、
沢山連絡を取ろうとするので、

 

まったくの正反対なんですよね。

 

 

この考え方の違いを知っていれば
むやみに悩む時間を減らすことができるでしょう。

 

 

大好きなパートナーを想う気持ちと同じくらい、
自分の時間も大切に出来るようにしていくと、

 

今よりももっともっと「特別な女性」認定されますよ♡

コメント