再婚した日の地味で泣ける結婚儀式

再婚

こんにちは!しょうこです。

 

3月3日は、私たち夫婦の再婚記念日でもあります。

 

私はシングルマザーでしたので、長女と次女が居たから、
夫にとって、私たち3人と結婚するんだ、ていう気持ちから、

 

指輪の内側に、私と長女と次女、
3人のイニシャルを入れてくれています。

「女の子の日である3月3日に入籍しよう!!」

と夫からの提案でした。

 

子供達も一緒に、みんなで市役所へ行って
婚姻届と養子縁組の用紙を提出しました。

 

平日だったので、夫の仕事が終わってから。

 

受け取ってくれたおじさんは、
「おめでとう!」と夫に向かって力強く言ってました。

ガンバレよ!

という応援エールだったんでしょうね。

 

娘2人いる人と結婚、とバレバレですからね~~。

 

入籍した後、お互いの実家に電話をしました。

 

夫の母は、
「もう娘やと思ってるし、孫やと思ってるから。
これから何でも、相談しておいで。」

と言ってくれました。

有難くて嬉しくて泣けます。

 

 

そして、帰宅し、
用意しておいた結婚指輪をお互いの指にはめ合って、
ケーキを食べる、という地味すぎる結婚儀式をしました。

 

再婚同士の私たちは、1度それぞれ結婚式をしているし、
再婚の為のパーティーなんかはしていません。

 

その分、新婚家族旅行&新居にお金を使う事にしました。

 

 

入籍して帰宅した日、

夫が私に指輪をつけている所を、娘が写真にとってくれました。

 

で、夫には、娘が指輪をつけました。

娘2人いるので、2回。笑

 

子供達は、いつもよりもテンション上がってて、
かなりはしゃいでました。

 

「おめでとーーーーーー」
と何度も言ってくれました。

 

娘たちが再婚を喜んでくれていることが本当に嬉しかったです。

 

その頃の夫と、今の夫を比べると…




ありがたい事に、どこも変わらない。

 

 

本人曰く、
変化したことといえば、
「バシッと叱れるようになったかな?」

とは思うらしいです。

 

はじめは、
嫌われたくない、という思いがあって、
少しは遠慮があったみたいです。

 

 

子供達もしっかり甘え、頼り、反抗したりして、
いい親子になっていってるように思います。

 

長女、次女、夫へ、
感謝の気持ちを改めて感じる日になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう失恋したくないと考える女性、
結婚を真剣に考えているアラサー世代の女性へ、

恋と結婚の悩みを解決するメール通信を配信しています。

 

再婚
syokoをフォローする
love&free

コメント